【ニチコミコラム】元気なおばあちゃん

2024 年 5 月 20 日 投稿者:ニチコミ

 お久しぶりです。雪だるまです。
 私もニチコミに入社して2年たちました。日々の業務に慣れてきましたが、まだまだ勉強することが多くあります。
 さて、本題になりますが、私には83歳のおばあちゃんがいます。家も近く時々会うのですが年々元気になっているように感じます。私のおばあちゃんは卓球が大好きで今も町内の集まりで週1回は必ず参加するほどとても楽しみにしています。少し前の話になりますが、区内で行われた卓球の大会に出ました。私のおばあちゃんは80歳以上の部に出場しました。人数はそこまで多くはなかったのですが、結果として4位になりました。しかし、その結果に満足することなくとても悔しそうにしていました。もっと違う攻め方があったのではないのかと考えていました。まだまだ上達したいという向上心と勝ちたいという気持ちがまだまだあるのだと聞いていて感じました、今も次の大会があったら優勝したいらしく週1回の卓球の練習に真剣に取り組んでいます。
 私もこの話を聞いて、元気なおばあちゃんに負けていられないと思いました。

【ニチコミコラム】高齢社会と私

2024 年 5 月 13 日 投稿者:ニチコミ

ガーデンです。
営業先でよく「何歳から老人クラブに入れるの?」と聞かれます。原則としては60歳以上の人が入ることができますが、現在多くの国では65歳以上を高齢者と呼ぶそうです。実際、60歳を超えても現役で働かれている方も多いですし、若々しくてお元気だなと感じます。自分はインドア派で家を出ない事が多いですが、幾つになっても活発にいろんなことに挑戦されている人生の先輩方を見ると1分1秒も無駄にはできないなと身が引き締まります。
高齢化について調べる中で、男性と女性では平均寿命にかなり差があることが気になりました。調べてみると… 女性が87.74歳、男性が81.64歳。理由としては、「ホルモンの働き」「基礎代謝の違い」「健康への関心度」などが挙げられます。特に気になったのが3つ目の「健康への関心度」ですが、食生活を気にかけたり運動したりやって無駄なことは無いのだなと実感しました。私は今年26歳ですが特に食事に気を使うこともなければ運動は嫌いで階段を登っただけでも息が切れます。「人生100年時代」が到来しつつある中でこれでは私は一体何歳まで人生を謳歌できるのか…今回のコラムを通して自分の生活習慣を見直す良い機会になりました。
お勤め引退されて時間に余裕のある方(もちろんまだまだ現役でお勤めの方も!)ぜひ地元の老人クラブに入ってみんなといつまでもイキイキ活躍し、一緒に人生を謳歌していきませんか!!

【ニチコミコラム】ここ最近の日本の出来事を通して思うこと

2024 年 5 月 6 日 投稿者:ニチコミ

 こんにちは。ブラックバードです。
 ここ数年で日本では本当にいろいろなことがあるなと感じています。物価の高騰、終わらない円安、年明けから度重なる地震、等々いろいろなことが起きています。ニュースを見ても不安を煽るような出来事が印象に残ります。コロナが落ち着いたにも関わらず「今までで一番景気が悪い!!」という意見も後を絶ちません。今後の日本はどうなるのでしょうか。考えると不安が残ります。
 今の社会で生き抜くためには経済的にも人間的にも自立していくのが必要不可欠だと感じます。かつての日本社会のように定年まで働いて、年金を貰って生活をする、この生活は期待できないかもしれません。国や会社に依存する生き方はもう無理ではないでしょうか。特に国は個人個人の人生に責任を取ってはくれません。
 これからは個々の努力が一層必要不可欠になるのではないでしょうか。例えば社内でもいかにリーダーシップを発揮するか、新しいプロジェクトを提案するなど貢献していかなければいけないのではないでしょうか。また、収入においても会社の給料だけでは限界はあります。最近は副業やNISAが推奨されています。そういったこともやることで経済面での不安をなくせるのではないでしょうか。
 いろんな変化が起こる世の中だからこそそれに対応した正しい選択が大切ではないでしょうか。今まではこれでよかったと嘆いていても置いて行かれるだけだと思います。良い人生を送るも悪い人生を送るも個人の努力次第だと思います。新しいことや今までとは違うこと、それが大事になってくるでしょう。

【ニチコミコラム】Zzz…

2024 年 4 月 29 日 投稿者:ニチコミ

こんばんは。めるちゃんです。
スマートフォンなどでゲームをしていたらつい夜更かししてしまいますが睡眠は大切ですよね。
折衷案(?)として、最近ポケモンスリープを始めました。
リリースされてしばらく経つので今更という感じですが、ご存じない方もおられるかもしれません。
このアプリの遊び方は「寝る」だけです!

ポケモンGOが本当に街を歩くゲームだったように、ポケモンスリープは実際に眠ることがゲームになっています。約束の時間にベッドに入る事で睡眠が習慣化されますし、可愛いポケモンを育てながら自分の睡眠の質や寝言まで知る事ができてしまうというものです。

話は変わりますが、一般的に高齢者は早寝早起きの方が多いですよね。
私としては見習いたいところですが、中にはまだ日も登っていない早朝に目覚めてしまう方も多いようです。
調べると、歳をとると睡眠が浅くなる事に加え、日の出から日光を浴びる事で体内時計が更に早くなってしまいどんどん早くに目が覚めてしまうという悪循環が起こるそうです。やる事がない…面白いテレビがない…と早々に布団に潜ってしまうと、早寝超早起きが加速し、睡眠の質が低下してしまいます。

そこで、高齢者の方こそポケモンスリープを始め、決まった時間の睡眠を心がけてみてはいかがでしょうか。
今はスマホを使いこなす方も多いですが、ポケモン、皆様には馴染みがないでしょうか…冬ソナスリープ、美空ひばりさんスリープなどがあればもっと浸透するかもしれません。

とはいえポケモン、可愛いですよ!
起きている時もご飯をあげたり、育てる楽しみがあります。何よりお孫さんと話が弾むかもしれません。

…などと言ってるうちに今夜も約束の時間になりました。それでは、おやすみなさい。

参考: https://toyokeizai.net/articles/-/99466?display=b

【ニチコミコラム】進む高齢社会と老人クラブ

2024 年 4 月 22 日 投稿者:ニチコミ

まっくすです。
昨今は一段とまた日本も高齢化が進んでいると日々のニュースを見て思います。
2033年には1世帯当たりの人数が平均して1.99人となりついに2人を下回るそうです。
2050年には高齢者男性の6割近くは一人暮らしとなる計算とのこと。

その中で同じくニュースで取り上げられていたのは一人暮らしの高齢者の住む場所の問題でした。孤独死等の問題から最近は独居高齢者の入居を断るケースが増えているのだそうです。
日本が高齢化を迎える一方で逆に世の中はますます高齢者にとって住みづらい世の中になっているのではないでしょうか。

現代においては地域のコミュニティもどんどんと軽薄となっていっています。
残念ながら私の親や祖父、祖母も地域との接点は少なくコミュニティの参加は少ない方です。そんな祖母が最近、介護施設に通うようになり、そこで気の合う友人を見つけたそうでその方たちとの交流を楽しそうに話してくださいます。

その様子を見ると現代において人との接点が少なくなり、住みづらい世の中だからこそ、今地域でつながれるコミュニティが必要となってくるのではないかと感じます。

私たちが今取り組んでいる老人クラブの広報誌発行は困った方への情報発信、地域とのつながりを作る重要なものとなっていきます。
老人クラブは古臭い集まりだと思われる方もいるかもしれませんが、今著しく高齢者を取り巻く環境が変化している今こそ人とのつながり、コミュニティが必要であると感じます。
日本の大部分を占める高齢者が一堂に集まり健康・友愛・奉仕の観点から社会を支えていく老人クラブはこれからますます意味を持ってくることは間違いありません。
私たち株式会社ニチコミはその老人クラブの力となれることを誇りにもって、誰もがいつまでも活躍できる社会の実現を目指していきます。

【ニチコミコラム】激変する日本社会、揺るぎない信念

2024 年 4 月 15 日 投稿者:ニチコミ

N.Hです。
約一年ぶりの投稿になりますが、
このわずか一年で世の中の状況は大きく変わりました。
人と人が直接関わり合う機会が減っているような気がします。

例えばレストランへ行くと注文はタッチパネル、配膳はロボット、
会計は自動精算機と店員さんと関わることはありません。
そんな時代に逆行するように当社ニチコミは、
地元の企業様に直接お伺いし、老人クラブへのご協力をお願いしています。
一見、時代錯誤のように思われますが、我々はこのやり方に誇りを持っています。
直接お会いするから熱意が伝わり、体温のあるコミュニケーションが生まれるのです。

またニチコミが広報紙を制作している老人クラブは、
人間関係が希薄になる現代社会ではとても大切なコミュニティです。
その老人クラブをバックアップできる仕事は社会的意義のある
大変素晴らしいものであるという自負があります。

こんな時代だからこそ当社の事業を通して社会全体に影響を与えていきたいし、ニチコミにはその使命があるのではないかと強く思います。

【ニチコミコラム】孫が増えてモチベーションアップ

2024 年 4 月 8 日 投稿者:ニチコミ
こんにちは、トシちゃんです。

去年の秋、三人目の孫ができました。初めての男の子の孫です。
上の二人の孫も、そろそろ相手をしてくれなくなる年頃になりつつ
あるので、また、しばらく孫と遊べると思うと楽しみでいっぱいです。

この歳になると、子育ても終わり、何をモチベーションにするか悩む中、
孫の存在はモチベーション維持に大きな影響を与えてくれています。

自分のためだけならモチベーション維持も難しく、心が折れていたかも
しれませんが、孫がいてくれたおかげで、いつまでも現役で元気な爺さん
でいたい、孫に何かを買ってあげたいと思う気持ちが、モチベーション
維持につながりました。それが、また孫が増えたことで、私にとって益々
頑張る気持ちを与えてくれています。

人は、自分自身のためだけに頑張る気持ちには限界があると思います。
自分以外の誰かのため、家族のため、会社のため、社会のため、国のため、
世界のためなど思う気持ちがその気持ちと同等の大きな力を与えてくれる
と信じます。
これから私は、相手のことを思い他人や社会のためにという意識を持って
気力と体力が続く限り頑張りたいと思います。

【ニチコミコラム】人は変われる

2024 年 4 月 1 日 投稿者:ニチコミ

お久しぶりです。Tomoです。

私はこのニチコミに入社するまで数々の職業を転々としてきました。フランス料理のシェフから始まり、塗装屋、鉄工所、漁師、パチンコ店、かばん屋、その他色々、、振り返るといったい何がしたいのか全くもって意味が分からないですね。それもそのはず、ニチコミに入社するまでは目標や夢もなく、ただ単に生活のため、お金の為だけで自分の将来を考えたこともなく、ましてや人を思いやる心など0と言ってもいい程の人間でした。正直人生を諦めていて、何より悪いのは自分が生まれた環境や人のせい、周りのせいにして、一切弱い自分と向き合わなかった事です。30代半ばまでそんな生き方しかしてこなかった分、今非常に苦労しています。しかし、こんな私でも変われるのです。学歴もなく、何の取り柄もない、ちょっと間違えば違う世界に踏み入れるかも分からなかった自分でも、社長にチャンスをもらい、『ニチコミ』と出会い、目標や夢を持てるようになり、何度も何度も失敗しながら今に至ります。今ニチコミは20代が多く、私の若かりし頃に比べて遥かに優秀な人財ばかりです。しかし、何となく仕事をしていると私の様な人生を歩むことになります。目標や夢を明確に持ち、そこに想い、情熱を注いでください。必ず新しい自分を見つけることができ必ず良い未来が待っています。皆さん、一緒にこれからもこの『ニチコミ』を成長させ、もっと社会に貢献して、日本中に影響を与える位まで突き進みましょう!

余談ですが、今回本社の移転時、初めて入って見渡した時に、色々思い出して感極まりました!

こんなの生きてきた中で初めての事でした!

次はもっと広くて立派なところに移転や!

【ニチコミコラム】きっかけ、選択

2024 年 3 月 25 日 投稿者:ニチコミ

初めまして。パーシーです。

昨年はこれまでの人生で大きな出来事がありました。
「学生」という守られる存在から、自立していかなければならない「社会人」になったことです。

 

私は大学3年生の時に大学を中退し、それからは週5日のアルバイトをやりながら何となく1日1日を過ごしていました。
時が流れ、去年の春にたまたま大学時代の同期と連絡をとる機会があり、今は就活を必死に頑張っているよと友人から話を聞いた時、私は何をやっているんだろうと思いました。
そこで将来に漠然とした不安を感じて、就職サイトに応募して今に至ります。

 

振り返ると、私が12年間続けてきたサッカーも物心ついた時から父がサッカーをしていた姿にとてもカッコよくて憧れを抱いたからですし、趣味である音楽も小さい頃に母が車内で流した曲を好きになったのがきっかけです。
サッカーを通して出会った仲間も、音楽を通していろんな曲を知ったのも、些細なきっかけから自分自身がどうしたいか選択をし、途中、迷いもありましたがここまで続けてきたからだと思っています。

生きているとふと目の前に「きっかけ」が転がり込んで、そのまま進むのか、はたまた違う方向にいくのか「選択」しなければいけません。
人生を豊かにするのはきっかけを見逃さずに、自分で選択して進んでいくことだと思っています。

パーシーでした。

【ニチコミコラム】野球から学んだ人生の教訓

2024 年 3 月 18 日 投稿者:ニチコミ

初めまして、シープフェザーです。
今回が初めてのコラムになります。よろしくお願いします。

自分の人生の半分を占めているのは、野球です。そこについて触れさせていただきます。
私は、野球を小学1年生から高校3年生の12年間続けていました。最初は、2つ上の兄が先にやっていて付き添いで観に行っていました。
そこで私なら兄より上手くできると思い、野球を始めました。

小学6年生の頃は、大会でたくさん優勝できたり、その中でも活躍できたり良い経験がありました。ですが中学生になり、クラブチームに入団し中学3年生には、キャプテンを務めました。大会では、1回しか勝てず苦しい経験とチームメイトに問題児が多く、たくさん怒られた記憶しかありません。

高校生に上がると、中学生の経験を経て「やるなら厳しい環境でやりたい」と思い、人数が多く強いところを選びました。
3学年合わせて80人弱のチームに入団しました。人数が多い中、私が生き抜くためには何をしないといけないのか、野球をやってきた中で、一番頭を使い考えていたなと思いました。
この組織の中で「今足りていないポジションはどこなのか」など客観視し、その存在になるために、朝から晩まで練習しました。

結果が出る時もあれば、思うようにいかずに辞めたくなる時もありましたが、自分が活躍してチームが勝てたり、チームメイトと汗水流し、勝つために練習したあの経験は、財産だと思っています。

この経験を今働いているニチコミでも活かして頑張っていきたいと思います。